棄権は危険 - まじめに「ふざける」という意思表示

 総選挙について、気鋭の思想家と言われる方が棄権することで意思表示しようと提案したとのこと。反論の嵐だったようですが、これはあまりにも安直で、およそ思想も思索もない愚策ですよ。

 以前、某総理大臣が「浮動層は家で寝ていてくれ」という趣旨のことを言ったのですけどね。彼は知らないのでしょうか。

 組織票をもっている既成政党からすると、票を読めない浮動層がどう動くかが一番問題なんです。でもって、よくも悪くも浮動票を取り込むために、芸能人を使ったりして受け狙いをするわけです。それでも実際にどう動くかわからないので、既成政党からすると浮動票が棄権してくれることが一番助かるというわけです。

 

 投票の権利を放棄しておいて、成立した政権が気に入らないからと言って騒ぎ立てるのは、幼稚なだだっ子と同じです。国会前で歌って踊っての老害や若害者と一緒です。棄権という選択に対しても責任は負うべきであり、棄権とは他者の決定を容認するという消極的な姿勢でしかありません。

 

 確かに、今の政治はくだらないことばかりです。候補者はろくな者がいないため、まともな選択肢がないといっていいでしょう。
 だからといって、棄権するというのは、そのくださなさを助長こそすれ、変革することにはなんら寄与しません。

 一番いいのは、現行の選挙制度自体を否定し改変することですが、それはあまり穏やかではありません。どうしても暴力的な性質を帯びてしまいます。

 

 やはり、現行制度で浮動層がなんらかの反対意思を表明したいなら、むしろ投票行動によって合法的に示すべきです。

 ところで、選択肢は? 白票は棄権と同じで無意味。かといって、既成政党に投票しても、結局当選後は浮動票の意思なんて無視されてしまいます。これは以前の政権交代で煮え湯を飲まされましたからね。やはり何も方法がないような・・・。

 でも、実は、あります。

 

 まず、一つ目。「正解」のない選択肢では、一番「面白い」ものを選べばいいんです。
 総選挙ですから、どんな選挙区にも泡沫政党や泡沫候補が乱立します。およそ議席が得られないと解っていながら、なぜか立候補してきます。ですから、自らの票を無駄にしないために、既成政党でも有名芸能人でもない無名で泡沫の彼らに一票を献上するのです。うまくすれば供託金没収から救ってあげられるかもしれません。

 供託金を取り戻してあげられるし、泡沫候補の票数という形で数字を刻むことで、現行制度へのプロテストにもなります。泡沫候補の票数が伸びれば、既成政党のボーダーライン上にいる人々の当落を左右します。

 もう一つは、とことん票を読めなくすること。まずは、マスメディアの目を欺くことです。マスメディアの目を誤魔化すだけなら何ら違法ではありません。
 マスメディアは出口調査を行います。選挙会場にどのぐらいの出入りがあるのかを調べます。ですから、当日投票の出来ない人は期日前投票を有効活用するんです。
 さらに、出口調査や電話調査が来たら「でたらめ」を答えましょう。相手は良心のかけらもないマスコミですから、こちらが良心的になる必要はありません。回答拒否でもいいですが、インチキ回答で「確」マークを出させておいて、実際に開票を終えたら落選していたなんて、楽しいじゃないですか。

 徒党を組んでデモンストレーションするというのは前時代的で野蛮です。これは一種の暴力です。そこで、力の無い庶民が合法的に抵抗する方法の一つが、穏当かつ正当に権利を行使した「ユーモア」であり、権力者を翻弄する「笑い」です。


 ちょっと注意してほしいのですが、テレビに出ている「お笑い芸人」の行っていることは、ここで言う「笑い」ではありません。特に、弱者やマイノリティをネタにしたものは、マスメディアという権力に乗った卑劣な侮辱と弾圧です。それを面白く感じるのは個々の感性と知性の問題ですが、少なくともここで言う「ユーモア」ではありません。

 何かを変えたい、変わりたいと思うなら、既成概念に囚われていてはだめでしょう。
 ただし、繰り返しますが、徒党を組んでも、それは暴力に変質するだけです。

 無名の庶民が、とくに連帯することなく、個別の意思でそれぞれが平穏に合法的に真剣にまじめに「ふざける」ことこそが、まさかの創発へとつながるのではないでしょうか。
 それこそ、政治家や組織やマスメディアや有名芸能人を驚愕させるだけの力を発揮するかもしれません。

 

 権利放棄は民主主義の否定であり、主権者たる国民の責任放棄ではないでしょうか。ですから、私は、絶対に棄権しません。