みんな無口、それでいて暴力的

 日本人は静かで温和。そんなイメージがあるようです。ネットを見ますと「日本大好き外国人」の皆様がご自身の体験からそのように言ってくれてます。そして、日本人自身そんな自画像を思い描いているのかもしれません。

 しかし、電車に乗り、駅や街を歩いていると、それとは全く逆の状況に遭遇します。確かに、静かといえば静かなんですが・・・・。

 電車が少し混んでいる時、降りようとする人は声をかけて降りるのではなく、平然と人にぶつかって、全く謝りもせずさっさと降りて行きます。ひどい人になると、体の大きさに物を言わせて、立っている人を突き飛ばし、どかしておりていきます。突き飛ばされた人は一瞬何が起こったのか分からないのでしょう。反撃するまもなく、相手はいなくなってしまいます。
 ある時、武蔵浦和駅という大量に乗り降りする駅で、車両の中程から、体の大きな男たちにガンガン押されて、ついに車両から突き飛ばされるように出てきた女子学生を見ました。痴漢とは違う暴力以外の何者でもありません。

 一言「すみません、降ります」「ごめんなさい、後ろを通ります」と言えばいいだけの話のはずです。最近は、この「すみません」「ごめんなさい」という簡単な挨拶言葉があまり聞かれません。「謝ったら死ぬ病」にでもかかっているのでしょうか。

 ある時、山手線でベビーカーを押した若いお母さんが乗り込んできました。気づいた人は場所を空けたりしてやりましたが、気づかない人もいます。ここで「すみません」と一言言えばいいものを、その母親は(何で気付かないんだ)と言わんばかりのイラッとした顔をして、しばらく立ち止まった後、ベビーカーをその人の足にぶつけて通りました。何かと嫌われるベビーカーですが、ベビーカーそのものの是非よりも、押している人間の態度に問題があるのではないかと思いました。「すみません」「端に行かせて下さい」とひとこと言い、ニコッと笑顔で「ありがとうございます」と言えば、周りの人は喜んで助けるのではないでしょうか。

 ところが、声をかけるにも、相手は耳をふさいでいるため、そうとう大きな声を出さないと通じないという問題があります。その上、目はスマホに夢中で周囲を一顧だにしません。その最悪の醜態がスマホゾンビですね。私はこのことを意識してから、電車内で立っているときはイヤホンで音楽を聴くのをやめ、混んでいるときはスマホを見るのもやめました。
 スマホで目を覆いイヤホンで耳を覆う。これは明らかに周囲とのコミュニケーションを拒絶する態度です。したがって、ぶつかるという物理的接触によってしか、相手に伝える方法がなくなってしまったのです。

 このように言うと「若い世代はコミュニケーションに敏感である」なんてご教示をいただくのですが。これはコミュニケーションの定義が違うのかなと思います。若い世代がLINEやtwitterなどから離れられないのは、コミュニケーションを大切にしていると言うより、狭い所属集団の人間関係に神経をすり減らし、排除されることを恐れてビクビクしているだけに見えてならないのです。そして、複数の小集団がある場合は、それぞれにキャラ作りに必死になっているのではないでしょうか。私が見た範囲では、このような印象を受け、むしろ気を遣いまくっていて気の毒だなぁと思いました。
 若い人に限りませんが、内輪には神経を使う分、外側に無頓着になるのでしょう。でも、突き飛ばした相手が今後どこでどの様につながるかわからないとは思わないのでしょうか。悪い意味での一期一会。どうせ二度と会わない相手などどうでもいいと思っているのかもしれません。

 コミュニケーション能力とは外側の相手や未知の相手や初対面の相手や異質の相手に対応できる力だと思うのです。そして、本来の意味での一期一会を大切にすることが良き出会いを人生にもたらしてくれるように思います。

 日本人が外国からの訪問者に愛想がいいのは、いまだ田舎に残る人の良さもあり、訪問者がその良さに接したという面もあるでしょう。これは本当に良い出会いだと思います。ですが、一方で、訪問客に対するビジネススマイルがかなりあるし、さらには、本当の意味での「つながり」を拒絶し、一時的に関わるだけの外面の良さでもあるでしょう。外来の者に対する警戒心の裏返しです。

 

 言葉をかけようとする気持ちも言葉を受け止めようという気持ちもなくして、自己の殻に閉じこもる陰気な姿。コミュニケーションを拒絶し、コミュニケーションを放棄した人は、相手を思いやる気持ちも失われているのではないでしょうか。
 そのくせ、伝統的?な日本人の特性はなくしていないようです。お互いに察しあうといえば聞こえがいいのですが、自分が察する部分は放棄しているくせに、相手が察することばかりを要求しているだけの、いわば「甘えの構造」が独善的自己中心的に出てしまっているのではありませんか。

 コミュニケーションをとる気もないくせに、目を吊り上げて相手が察するのを待ち、一声かけるの嫌がって、結局は暴力的に他人を突き飛ばす姿。はっきり言って見苦しく醜いです。