全く無理をせず約4ヶ月で10キロほどやせました

 1月の半ばから5月上旬までに10キロほどやせました。いまでも減少が続いています。
だからといって、厳格な糖質制限をしたわけでもなく、修行のようなウォーキングにいそしんだわけでもありません。もちろん病気したのでもありません。ですから、げっそりやせてほおがこけているわけでもなく、やせたことに気づかれないことが多いです。


 実は、去年まではBMIが26ありました。血圧は上が150オーバーで、健康診断では降圧剤を飲むように勧められましたが、再検査も含めバックレ中です。糖質制限にもチャレンジしたのですが、プロの手を借りないと、やるには難しいようで、結局挫折。有酸素運動がいいというので、ウォーキングを始めようと思ったのですが、うまく時間が取れず挫折。エアロバイクを購入しても、無駄に場所をとるだけの今や巨大オブジェ。
 要するに、やせようという信念も決意もないんです。そして、やろうとする意志も根性もなし。
 一月の半ばに体重を量ったときは、こんな状態でした。

 ところが、今年の2月、実家で両親と鍋料理を食べて以来、私の中でマイブームになりました。別に特別な料理ではなく、白菜を入れてしいたけを入れて豆腐を入れて鱈をいれてというありきたりの鍋でした。味付けは「タニタの減塩味噌」。その後も週1回のペースで同様の鍋料理を食べています。要するにこれって具たっぷりの味噌汁なんですね。

 その後、日々の食生活のメインが野菜と魚になりました。
 ただし、毎日鍋料理というわけにもいきませんので、鍋は週末にして、平日用に手間をかけずに野菜をとる方法をさがしました。
 そして、「重ね煮」というのを知りました。これなら、作り置きで5日ぐらいもつとのことです。早速無水鍋を購入しチャレンジしました。ネットの情報ではIHでは上手くいかないと書いてあるサイトがほとんどなのですが、なぜか上手くいってます。本物の重ね煮とは言えない稚拙な出来なのでしょうけど、特に食べられないということはありません。重ね煮をはじめて、野菜から出る汁は「甘い」と知りました。
 直径20センチの深い無水鍋で作ったら、小分けして保存します。食べ方は色々ですが、電子レンジで温め直し、味噌をお湯でといで作った汁にいれれば、簡単な一汁三菜がお椀一つでできます。重ね煮ですと三菜どころか四菜にも五菜にもなります。
 サラダはよく食べます。ブロッコリーなど、温野菜にして食べます。その他、いちいち列挙しませんが、野菜類は普通に食べます。ドレッシングはノンオイルを選び、マヨネーズもカロリーオフのものを選びます。

 魚類は、「鯖の水煮」の缶詰と、「あじの開き」や「しゃけの切り身(甘口)」です。刺身類は日持ちしないし、高いのであまり食べません。
 他には、納豆と豆腐と卵。ナッツ類は素焼きとか無塩と書いてあるもの。
 飲み物は、緑茶、麦茶、ルイボス茶。
 間食はもともとしない方ですが、疲れたときには「明治ミルクチョコ」。植物油脂が良くないと聞いたので、ネットの情報からこれを選んでいます。

 炭水化物ですが、もともと子供の頃からごはんよりおかずばかり食べるバカガキで、よく母に叱られました。そのためか、ライスがなくても食事が苦痛ではないのですが、食べるときは普通に食べます。といっても、茶碗1、2杯。可能な限り、玄米や胚芽米にしたり、麦を混ぜたりしています。卵かけご飯も普通にやってます。うどんやソバも普通に食べます。
 ただし、パスタ類はあまり食べなくなりました。もともと好きだったのですが、最近は特に食べたいとも思わなくなりました。
 芋類はほどほどです。とくに排除してませんが、量的には少ないと思います。
 なお、「普通に」というのは、特に意識して制限していないということです。ただ、もともと炭水化物類にこだわりはないので、実は無理に制限しなくても、糖質は少なめだったとも言えます。

 肉類はあまり食べませんが、鶏肉や豚肉は食べます。牛肉は自宅では食べません。ミツカンのサイトにのっている、味ぽんを使った鶏肉のレシピを真似て作っています。

 外食では、例えば大戸屋に入ると五穀米をチョイスする程度のことはしますが、それ以外に神経質になることはありません。寿司は酢飯まで食べてこその寿司。ライスを残すなんて失礼です。
 時間がなくて立ち食いソバをよく利用しますが、おなかがすいているときは、「ミニカレー+かき揚げソバ」セットとか「かけそば+ミニカツ丼」セットなんて炭水化物満載メニューも平気で注文します。多少のリバウンド要因になっているかもしれません。

 去年までと比べてほとんど全く食べなくなったのが、スーパーの総菜コーナーやコンビニで売っている総菜類や弁当。スーパーの揚げ物、例えば唐揚げ、餃子、天ぷらは全く買わなくなりました。コンビニで購入する場合は、せいぜい「おにぎり」程度にとどめます。

 こういった食生活の変化によって、去年まで自分が太っていた原因は、どうも「油」と「添加物」にあったのではないかと考えました。3月になってこのことに気づいてから、日一日と体重が落ち、体が軽くなり、心身ともに軽快になりました。

 少々の増減はあまり気にしないことが大事だと思います。神経質になるとそれ自体がストレスの原因になります。1キロほどリバウンドしても気にしないで、そのかわり、その前に何を食べたかを確認します。多分犯人はそいつです。

 今でも特にウォーキングとかフィットネスとかしてないのですが、やせてからは歩くのが苦痛ではなくなり、今まではすぐにバスに頼っていた区間も大して気にせず歩くようになりました。一日の歩数は普通に生活していてもだいたい6000歩から10000歩になります。

 5月に入り、血圧は上が120台、下が70台になり、あとは早朝高血圧に注意する必要があるのですが、寝ている間に体を冷やさなければ早朝の血圧も安定するようです。BMIは日々増減がありますが22ぐらいになっています。
 ただし、内臓脂肪率はあと一歩なので、そろそろ有酸素運動に取り組もうかなと考えています。そして、大きくリバウンドしないように、これからが大変なのかもしれないと思い始めております。